2008年05月15日

須磨の天神町にある新築戸建

ここのところ神戸市須磨区天神町3丁目にある新築戸建のオープンハウスをよく開催しています。
この辺は大きな邸宅が多く、地形も良く勾配がないので住環境バッチシです。ここも元々大きな邸宅が有ったところを建て直したところ、4区画にもなりました。とにかく大きなお宅でした。
ただこのエリアは道が狭いところが多く、この物件の前面道路も車1台通る幅なもんですから、先日も他府県からのお客様に「道狭いわ。」と言われてしまいました。でも須磨の人気エリアは昔ながらの狭い道が多いんですよね。
周りは大きな邸宅が多く、日本庭園を所有しているところもチラホラと… 南に数分歩くと須磨の海岸があり、夏はもちろんのこと季節を通して海とのライフスタイルが楽しめます。特に僕が好きなのは途中にある天神さん(綱敷天満宮)ですね。特に夕方から夜にかけての雰囲気は何ともいえないものがあります。「なすの腰掛け」が有名らしいので一度散策してみて下さい。

D号地の建物ですが、広い延べ床面積にもかかわらず外からは建物の一部しか見えていないので、来場されたお客様からの声は「外からの雰囲気とちごうて、中は結構広いやん!」 「建て込んでいるのに明るいなぁ(天窓の効果大です。)!」というものでした。 玄関を入りステンドグラス調のドアをあけると17帖の縦長リビングと2階への階段が目に入ってきます。 リビングの床は白の緩いマーブル調で、天窓の明かりを受けて柔らかい光源となって部屋に明かりを回しています。 この床はひっかき傷等には強いもので温水床暖房も完備しています。 また、システムキッチンは壁付きとなり電動昇降収納ユニット食洗機などが設備させていて使い勝手は良さそうです。
2階に上がってみますと廊下にホールが設けてあり、長い廊下でありがちな動線のぶつかり具合をうまく解消している形となります。 そのホールにもうまく利用できるよう、雨の日に洗濯物を取り込めるよう天井から干し竿釣りホルダーが付けられています。 特にお客様から好評だったのは北側の6.6帖の洋室でコーナーに設けた出窓です。開放感があり、窓から見える適度な曲線を描いた道が情緒を醸し出して好評でした。(4月は桜が見えてサイコウ!)
この物件には、さらにルーフバルコニーがありまして2階から階段で上っていくと、町並みの屋根越しに海が一望できます。この界隈はほとんど2階建てまでなので、ルーフバルコニーから海までは、さえぎる建物がない状態です。海の好きな方は必見です。 
もし、この物件に興味のある方はhttp://realestate.homes.co.jp/search/detail/b%5B%5D=1087950000006/tk=1/bsg=5/route=2/o=10108795hhJNVGsCrMEQ/a=1/ にアクセスしてみて下さい。

余談ですが、この物件に行ったときに僕が寄り道するのが天神さんの向いの国道沿いにあるモトラッド神戸さん。BMWのバイク専門店です。バイクメーカー大国の日本で、なんでBMWやねんと思いつつ、展示してあるバイクを目の前にしたら釘付けになってしました。おまけにスタッフは話し上手な上、コーヒーでもてなしてくれるので、お好きな方はオススメです。

posted by seguros at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記